PIC_COFFEE

珈琲の美容におけるさまざまな効果

女性の皆さんは、美容のために特別になにかをされていますか。
高い化粧品を買ったり、エステに定期的に通って美を保っているという人もいらっしゃることでしょう。
しかし、ここでは毎日あるものを飲み続けるだけで美容を保つことができる方法があると言ったら、聞きたいとは思いませんか。
そのある飲み物とは、珈琲のことです。
珈琲は人からお歳暮などでいただいたり、スーパーでも販売されているものなので、わたしたちの身近にある食品といえます。
この珈琲こそ、美容を保つのにとても効果を発揮する飲み物といえます。
 わたしの祖母にお肌がとてもきれいでしみシワがまったくなく、年よりも若く見えるおばあちゃんがいます。
ある日、どうしてそんなにお肌がきれいに保てるのか聞いてみた所、珈琲を毎日2、3杯飲んでいるからと答えてくれました。
わたしはまったくそれまでの人生で珈琲とは縁のない生活を送っていたのですが、聞いたその日から早速のみ始めました。
けれども、独特の苦味が苦手で最初は難儀しました。
そこでシナモンシュガーを入れて香りを甘くしたり、はちみつを入れてみるなど、いろいろ飲みやすくするために工夫をしました。
そうすることで、最初は一杯くらいしか飲めなかったところ、一日に2、3杯は飲めるようになりました。
それと珈琲は何も液体でとらなくてもいいそうなので、ゼリーを作ってデザートとして食べたりもしました。
 すると、なんとなくお通じがよくなってきて、日が経つにつれて便秘が治るという効果がまず現れました。
体型はいつもお腹が出ていたのですが、下腹がぺったんこになってパンツが楽々 


はくことができるようになりました。
しかも、体重が減ってダイエットができて、いつも夕方ころに苦しめられていた足のむくみがなくなりました。
また便秘が改善されたために、肌荒れもよくなりました。
おかげで、さまざまな所に効果が現れました。
聞くところによると、代謝機能を高めて消化器系の動きを活発にするので、便秘に高い効果があるようです。
それと珈琲に含まれるポリフェノールの抗酸化作用で、お肌のハリを保ち、シミをできにくくしてくれます。
また、利尿作用があるために、新陳代謝を促進してくれて、老廃物を体外に排出する効果もあるようです。
しかし、飲み方として気をつけなければいいけないことがあります。
美容効果をえるには、沸騰直前の80から90度のお湯で淹れるようにしたほうがいいです。
というのもコーヒーの中に含まれるポリフェノールは、熱に弱いという特徴があります。
ですから、美容にいい成分を消さないためにも沸騰したものより少し温度の低い状態で淹れる必要があります。
また、そのために長い時間焙煎した深煎りコーヒーに比べ、短時間で浅く煎ったものは約2倍のダイエット効果があるそうです。
それと気をつけることは、挽いてから時間が経った豆や作り置きしたコーヒーは、吹き出物の原因になったり、気分が悪くなったりすることがあるそうです。
それと飲みすぎると、歯に着色汚れがつきやすくなります。
お茶や紅茶でもそうですけれども、美容を考えると、歯に色がつきやすいのはきれいではありません。
過度にのみ過ぎなければ大丈夫なので、気をつけてください。

MENU